沖潤子 刺青



沖潤子さんの刺繍作品を見ると誰もがこう言います。

「一度見たら忘れられない」

布と針と糸を使って生み出される繊細な詩のようです。
布地の上を小さな小さな生き物がほんの少しずつ歩いていった痕跡にも見えてきます。
見つめていると不思議な勇気が湧いてくるのです。

2013年4月24日(水)〜5月6日(月)
11:30〜18:30  火曜休廊

JUNKO OKI WOKY SHOTEN

カテゴリー: 展示情報, 展覧会 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。