花は盛りだけが美しいわけではありません。枯れ落ちていくまでの、どの瞬間も見応えがあります。徐々に退色していく過程のそれぞれに、新しい色名前をつけたくなります。かたちにしても、花がまだ若い間は、花だけのかたちですが、時間がたつにしたがい、重力や環境に寄り添って、えもいわれぬ造形に変わっていきます。その時々の、想像を超えた、神妙な姿に心をうばわれるのです。

十文字美信

会期:2016年4月28日(木)〜 5月30日(木)
十文字美信写真展「オリジナルプリント」 1971年〜2016年 第一期・第二期

top back