《ふたたび翳》《…のごとく》は、今まさに興味を抱いているもので、テーマもはっきりしないからこんなふうに名付けた。いってみれば不完全な作品である。もしかしたら、僕は写真に完全なものは無いと思っているフシがある。思うように決まらないんだよな、の決まらないままを真空パックに封じ込めることが出来たら、いつまでも新鮮な気持ちのままであり続けられる。もし完全な写真が出来たら、それはすぐにつまらないものになってしまう気がするのだ。(『感性のバケモノになりたい』より一部抜粋)

top back